反社会的勢力への対応にeラーニング(日・英・中対応)

反社会的勢力への対応に

契約書に暴排条項を入れるのが一般的になっています!

暴対法は社会全体に浸透しており、一般企業間の契約書にも、暴排条項を入れるのが一般的になってきました。しかし、この意味を理解せず、ひな形に従って使っているだけで、悪意なく違法行為をするリスクは、常にあります。

反社会的勢力への対応で重要なのは?

  • 先ず、反社会的勢力への対応の基礎知識を習得すること
  • 次に、誰もが具体的な対応を習得するとともに、その理解の重要性を自覚すること
  • そして、全社員が一丸となって(外国人スタッフも含めて)、対策に取り組むこと

そのためには

  • 反社会的勢力対応に対する理解の重要性を浸透させなければなりません
  • 一回ではなく、繰り返し何度も学習して、各人が知識を身に着け、自分の意識に定着させること
  • そして、そのためには、意識の徹底に有効なツールが必要になります

BISCUE(R) eラーニングなら

  • マニュアル不要、簡単に使える実績豊富な eラーニングです
  • いつでも、どこでも、スマホで使える eラーニングです(PCも勿論OK、記録は引き継がれます)
  • そして、外国人スタッフと同時に使える、日・英・中対応です(※「BISCUE(R) TS」なら多言語見積で安心)

反社会的勢力への対応に特化した eラーニングコース」をご用意しました

  • 反社会的勢力への対応 (日本語版)
  • 反社会的勢力への対応 (英語版 “Responding to Anti-Social Forces”)
  • 反社会的勢力への対応 (中国語版 “应对反社会势力”)

更に、こうしたコースもございます

  • ソーシャルメディア利用上の注意 (日本語版 英語版 中国語版)
  • 全社で学ぶコンプライアンス 1-4 (日本語版 英語版 中国語版 スペイン語版 中南米スペイン語版 フランス語版 ポルトガル語版)