営業コンプライアンスにeラーニング(日英中対応)

営業コンプライアンスに

営業には色々なリスクが

営業に付き物なのがノルマ。利益の源泉である営業は、どこの組織でも売上目標を掲げ、その達成に向けてチーム、メンバに個別目標を掲げて努力します。

こうした目標は、当然達成が難しく、会社の引き締めが厳しければ厳しいほど、その達成のためにコンプライアンスの枠を越えることも多く、インサイダー取引、贈収賄、営業秘密や個人情報の漏えい、不正競争防止法、消費者契約法、景表法、商標法の違反など、様々な不法行為に至るケースがでてきます。

営業活動には様々な法律が関係

顧客開拓、説得、受注、契約書作り、納品、決済まで、営業には様々なフェーズがありますが、そこにはそれぞれ守らなければならない法律があります。

営業コンプライアンスのヒント

  • コンプライアンスの基本は
    • 先ず、営業に関わる法律は何かを、理解すること
    • 次に、営業の各フェーズに、法律がどう関係してくるかを、理解すること
    • そして、理解した内容を基に、コンプライアンス営業を実践すること
  • そのためには
    • 関係する法律の趣旨を、十分理解しなければなりません
    • その上で、各々のフェーズで、何が遵法で、何が違反になるかを、しっかり把握すること
    • そのためには、営業活動における実践的ガイダンスが必要になります
  • BISCUE(R) eラーニングなら
    • マニュアル不要、簡単に使える実績豊富な eラーニングです
    • いつでも、どこでも、スマホで使える eラーニングです(PCも勿論OK、記録は引き継がれます)
    • そして、外国人スタッフと同時に使える、日英中対応です(※「BISCUE(R) TS」なら多言語見積で安心)

実績あるスキル習得の方法論

BISCUE(R)では、30年超のビジネススキルに特化したコンテンツ事業の中で、スキルを確実に習得するためのコース作りを確立しています。

  • 情報は無駄なく、効率的に伝える(「タイパ」です)
  • 知識は体系的に示し、復習を可能にする
  • 自ら考え、納得して、コツコツ習得できる場を増やす

何となくランダムに手を出すのではなく、知識を体系的に頭に定着させ、コツコツとスキルを習得できる場が大切です。

営業コンプライアンスのためのコース例

  • 営業法務
    • 営業の法律 1-6 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 全社で守る営業秘密 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 個人情報の扱い方 1-4 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 個人情報保護法入門 1-3 (日本語版)
    • 不正競争防止法入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 独占禁止法入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 下請法入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 消費者契約法入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 商標法入門 (日本語版 英語版)
    • 景表法入門 (日本語版)
  • 基本・行動規範
    • 全社で学ぶコンプライアンス (日本語版 英語版 中国語版 スペイン語版 中南米スペイン語版 フランス語版 ポルトガル語版)
    • 反社会的勢力への対応 (日本語版 英語版 中国語版)
    • ソーシャルメディア利用上の注意 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 贈収賄防止入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • インサイダー取引規制入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 会社法入門 (日本語版)
  • 法務総合
    • 知っておくべき印鑑の知識 (日本語版 英語版)
    • 与信管理入門 (日本語版)
    • 債権回収の手引き (日本語版 英語版)
    • 倒産予知の手引き (日本語版)
    • 見てわかる担保のしくみ (日本語版 英語版)
    • 見てわかる担保設定のポイント (日本語版 英語版)
    • 不動産登記簿の読み方 (日本語版)
    • 電子帳簿保存法入門 (日本語版 英語版 中国語版)
    • 見てわかる小切手のしくみ (日本語版)
    • 見てわかる手形のしくみ (日本語版)
    • 見てわかる手形のトラブル (日本語版)
    • 民事訴訟入門 (日本語版 英語版)

BISCUE(R) eラーニングにはこのような特徴があります

  • すぐに使える、実績あるコース・ラインアップ
  • PC・スマホ・タブレット対応の使いやすい eラーニング
  • 直感的に使える管理機能とカスタマイズ対応
  • 大量アクセス対応、CDNによるスムーズな全世界向け配信

BISCUE(R) eラーニングには2通りの使い方があります