多言語約750コースから選べる定額制ライブラリ型eラーニング。社員研修用ライブラリや、会員サービスなどに最適。安心・便利にご利用頂けます。

お知らせ

BISCUE eラーニングで 人創り

3つの特長

幅広いビジネス分野の約750コース

これから会社を支えるのは、ビジネスジャンルを漏れなく身に付けた上で、自分のスペシャリティを持つT型人材

この土台となるビジネススキルを、多言語に対応した約750コースでカバーしました。 新人・若手教育から、幹部候補・グローバル人材の育成、また、部門別の専門知識の入り口としても、便利にお使い頂けます。

新作、多言語が続々

BISCUEのご提供するコースは、全てデータベース管理されており、法改正や商習慣、社会的トレンドなどと照合しながら、陳腐化していないか、研修教材として適切か、監視と内容更新を常に行っています。

また、新コースのリリース、グローバル対応のための多言語化もコンスタントに続けて、刻一刻と変化するビジネス現場のニーズに、全力でお応えしています。

多彩なご利用方法でROIを最大化

eラーニングで人材育成のROI(投資効率)を上げることを追求しています。
スマホ、タブレット対応でBYODを実現自社開発のLMS(学習管理システム)の組込み・カスタマイズ、xAPI(Tin Can API)・SCORM2004/1.2サポートで、お客様独自仕様の配信・管理システムをセットアップします。

コースのカスタマイズ、オリジナル教材の搭載・活用、デジタルマニュアル連携によるEPSS(電子業務遂行支援システム)の実現、コンピテンシー管理によるタレントマネジメントとの連携など、ご利用方法は様々です。

お奨めは、定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS”

定額・ライブラリ型 eラーニング

BISCUE総研の遠隔教育・組織学習の実践研究を元に、ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)構築支援ツールとして開発されたのが、多言語対応・見放題の定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS(ビスキュー・エルエス)”。いつでもどこでも学べる、スマホ・タブレット対応のクラウド・サービスです。

社員研修から、福利厚生の自己啓発支援、グローバル人材育成まで、既に多くの会社様でご利用いただいている実績あるサービスです。 多言語・約750コースをベースに、本当にお使い頂けるeラーニングを目指します。

  • 全社員研修、内定者・新人・中堅研修に
  • 福利厚生の自己啓発支援に
  • 意識変革・組織活性化のチームラーニングに
  • 国内外でのグローバル人材育成に

お問合せはこちら

eラーニングのお問い合わせは こちらから

もしくはお電話でも承ります
03-3208-4276(株式会社シュビキ) 営業時間:月曜日~金曜日
9:00-17:00

《連載》eラーニングと学習する組織

「Web 2.0」が知識の創造・伝達を変えた
 「Web 2.0」。これは、新しい知識の創造・伝達の仕方を総括的にまとめた概念で、今後の技術の進化のあり方を示唆している。今までビジネスの世界では、会社の中で独自に技術を開発し、特許を取り、市場を作り、先行者利得を得るといったモデルが成り立っていた。
 ところが、この伝統的手法の存在価値を脅かすまでにしたのが、インターネットによる情報革命だ。洪水のように流れる情報は、人が関係する全ての分野に劇的な変化をもたらし、その時間軸を極端に短くし、思考のプロセスにまで影響を与え始めている。
 この Web2.0 の世界では、創造の源としての個人の存在が注目され、これが更に他の個人ともつながることで、新しい知識の創造プロセスが生まれる。会社内のチームを越えたコラボレーション、更には社外とのネットワーク。個人も、集団も、どんな単位で参加しても構わない、創造のプロセスが始まっている。まさに新しい知の時代の始まりだ。

(出典)日本企業はどこにいる-次世代型ラーニング・オーガニゼーション構築を目指して- 首尾木 義人 著

eラーニング・今週のキーワード

ROI(Return on Investment)

財務分析の用語の一つで、投資効率。研修、教育を実施するに当たっては、それにかかる直接・間接のコストに対して、どれだけ見返りが期待できるかが重要になり、ROIが高ければ、効果が高かったことになる。

eラーニング用語集


最終更新日 2014年07月29日 |
閲覧履歴