多言語約750コースから選べる定額制ライブラリ型eラーニング。社員研修用ライブラリや、会員サービスなどに最適。安心・便利にご利用頂けます。

BISCUE eラーニング (スマホ・タブレット対応)

[ お知らせ ]

eラーニング:ビジネススキル教材(全表示)

お奨めは、定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS”

定額・ライブラリ型 eラーニング

BISCUE総研の遠隔教育・組織学習の実践研究を元に、ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)構築支援ツールとして開発されたのが、多言語対応・見放題の定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS(ビスキュー・エルエス)”。いつでもどこでも学べる、スマホ・タブレット対応のクラウド・サービスです。

社員研修から、福利厚生の自己啓発支援、グローバル人材育成まで、既に多くの会社様でご利用いただいている実績あるサービスです。 多言語・約750コースをベースに、本当にお使い頂けるeラーニングを目指します。

  • 全社員研修、内定者・新人・中堅研修に
  • 福利厚生の自己啓発支援に
  • 意識変革・組織活性化のチームラーニングに
  • 国内外でのグローバル人材育成に

お問合せはこちら

eラーニングのお問い合わせは こちらから

もしくはお電話でも承ります
03-3208-4276(株式会社シュビキ) 営業時間:月曜日~金曜日
9:00-17:00

《連載》eラーニングと学習する組織

【 見える化 】
 「問題を見えるようにする」という意味で、生産現場やビジネスにおいてよく使われる。「問題の可視化」などとも言うが、例えば数値化によって可視化したり、問題を細分化したりといった方法が採られる。
 問題が見えるようになれば、改善しなければいけない点が見える。これをPDCA(Plan-Do-Check-Action)のプロセスを回して改善していこうとするわけだ。

(出典)日本企業はどこにいる-次世代型ラーニング・オーガニゼーション構築を目指して- 首尾木 義人 著

eラーニング・今週のキーワード

オーサリング

Authoring。テキスト、画像、動画、音声などのデータを編集して、コンテンツに仕上げる作業。この作業を行うソフトウェアがオーサリングツールと呼ばれる。

eラーニング用語集


最終更新日 2014年08月19日 |
閲覧履歴