多言語約750コースから選べる定額制ライブラリ型eラーニング。社員研修用ライブラリや、会員サービスなどに最適。安心・便利にご利用頂けます。

お知らせ

BISCUE eラーニングで 人創り

3つの特長

幅広いビジネス分野の約750コース

これから会社を支えるのは、ビジネスジャンルを漏れなく身に付けた上で、自分のスペシャリティを持つT型人材

この土台となるビジネススキルを、多言語に対応した約750コースでカバーしました。 新人・若手教育から、幹部候補・グローバル人材の育成、また、部門別の専門知識の入り口としても、便利にお使い頂けます。

新作、多言語が続々

BISCUEのご提供するコースは、全てデータベース管理されており、法改正や商習慣、社会的トレンドなどと照合しながら、陳腐化していないか、研修教材として適切か、監視と内容更新を常に行っています。

また、新コースのリリース、グローバル対応のための多言語化もコンスタントに続けて、刻一刻と変化するビジネス現場のニーズに、全力でお応えしています。

多彩なご利用方法でROIを最大化

eラーニングで人材育成のROI(投資効率)を上げることを追求しています。
スマホ、タブレット対応でBYODを実現自社開発のLMS(学習管理システム)の組込み・カスタマイズ、xAPI(Tin Can API)・SCORM2004/1.2サポートで、お客様独自仕様の配信・管理システムをセットアップします。

コースのカスタマイズ、オリジナル教材の搭載・活用、デジタルマニュアル連携によるEPSS(電子業務遂行支援システム)の実現、コンピテンシー管理によるタレントマネジメントとの連携など、ご利用方法は様々です。

お奨めは、定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS”

定額・ライブラリ型 eラーニング

BISCUE総研の遠隔教育・組織学習の実践研究を元に、ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)構築支援ツールとして開発されたのが、多言語対応・見放題の定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS(ビスキュー・エルエス)”。いつでもどこでも学べる、スマホ・タブレット対応のクラウド・サービスです。

社員研修から、福利厚生の自己啓発支援、グローバル人材育成まで、既に多くの会社様でご利用いただいている実績あるサービスです。 多言語・約750コースをベースに、本当にお使い頂けるeラーニングを目指します。

  • 全社員研修、内定者・新人・中堅研修に
  • 福利厚生の自己啓発支援に
  • 意識変革・組織活性化のチームラーニングに
  • 国内外でのグローバル人材育成に

お問合せはこちら

eラーニングのお問い合わせは こちらから

もしくはお電話でも承ります
03-3208-4276(株式会社シュビキ) 営業時間:月曜日~金曜日
9:00-17:00

《連載》eラーニングと学習する組織

1.失われた10年の背後に
(1)今、世の中で
 「知の伝承」が様々な分野で騒がれている
 「匠の伝承」という言葉もあるが、これは知識、知恵を後世に伝えること。折角、鍛錬し、習得した技術、知恵がその人限りで終ってしまうのはもったいない。組織にとっても、国にとっても大打撃だ。これをどうすれば後世に伝えられるか、知識、知恵が資産として定着するか、といったことが各方面で模索されている。
 例えば精密加工。これからはナノテクノロジーの時代、ヒトの DNA まで解析し、分子のレベルで物質を操作しようとする時代。当然、精密加工の分野にもこの技術が入ってくる。
とはいっても、まだまだ現場では、熟練工の手の感触とか、長年の経験で培った技に追い付けない部分が沢山残っている。こうした「匠の技術」を次世代にどう引き継ぐか、マスコミでもよく取り上げられるので、ご存知の方も多いだろう。
 これは、一部の産業だけの問題ではない。芸術、伝統芸能、建築のほか、「知の伝承」「匠の伝承」が騒がれている分野は沢山ある。最近では、原子力発電所を新しく建設するに当たって、日本には技術者が足りないので、海外に頼らざるを得ない、といった問題も聞かれている。

(出典)日本企業はどこにいる-次世代型ラーニング・オーガニゼーション構築を目指して- 首尾木 義人 著

eラーニング・今週のキーワード

ラーニング・オーガニゼーション

Learning Organization(学習する組織)。皆で共有する組織のビジョンを達成するために、自ら学び、変革し、成長し続ける風土を持った組織。

eラーニング用語集


最終更新日 2014年07月21日 |
閲覧履歴