多言語約1,000コースから選べる定額制ライブラリ型eラーニング。社員研修用ライブラリや、会員サービスなどに最適。安心・便利にご利用頂けます。

BISCUE eラーニング (スマホ・タブレット対応)

[ お知らせ ]

No.1サービス! 定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS”

  • eラーニング 800コースのアイコン
  • 1,000コースから自由選択
  • コースの差し替え(年1回無料)
  • 各コースの編集機能(無料)
  • コース作成・オーサリング、ナレッジ共有機能のアイコン
  • コース自作は簡単(CMS)
  • ナレッジシェアリング
    (何れも無料、コース数・容量制限有)
  • グローバル対応、多言語システム・コースのアイコン
  • グローバル対応、海外同一料金
  • 多言語コース、多言語システム
  • 世界各地のサーバで快適アクセス
  • モバイルラーニング、LMSのアイコン
  • モバイル対応
  • スマホ、タブレット、PC
  • 学習管理システム(LMS)で一元管理

海外拠点を含む、社内コミュニケーション強化、風土改革、戦略的人材活用に、最適のクラウドサービス。
自己研鑽用ライブラリや、会員サービスなどにもご活用いただけます。

詳しくはこちら

eラーニング:ビジネススキル教材(全表示)

お問合せはこちら

eラーニングのお問い合わせは こちらから

もしくはお電話でも承ります
03-3208-4276(株式会社シュビキ) 営業時間:月曜日~金曜日
9:00-17:00

《連載》eラーニングと学習する組織

新しいフェーズ
 1990 年代後半以降、情報技術の更なる革新は、ラーニン グ・オーガニゼーションの実践にも、もう一段新しいフェーズをもたらすことになる。

技術革新は情報洪水を生んだ
 これが、技術革新による情報洪水だ。ムーアの法則に沿って、半導体の集積度が向上、更に“速く、大量に”情報をやりとりすることが可能になった。その結果、インターネットをはじめとするネットワークを通じて、膨大な情報が送受信されることとなる。公開のサーチエンジンだけでも、何十 億、何百億というページが検索の対象になり、その中から瞬時にパソコンで情報を探し出せる状況ができてしまった。

(出典)日本企業はどこにいる-次世代型ラーニング・オーガニゼーション構築を目指して- 首尾木 義人 著

eラーニング・今週のキーワード

Learning Organization

ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)。皆で共有する組織のビジョンを達成するために、自ら学び、変革し、成長し続ける風土を持った組織。

eラーニング用語集


最終更新日 2015年05月19日 |
閲覧履歴