多言語約800コースから選べる定額制ライブラリ型eラーニング。社員研修用ライブラリや、会員サービスなどに最適。安心・便利にご利用頂けます。

BISCUE eラーニング (スマホ・タブレット対応)

[ お知らせ ]

eラーニング:ビジネススキル教材(全表示)

お奨めは、定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS”

定額・ライブラリ型 eラーニング

BISCUE総研の遠隔教育・組織学習の実践研究を元に、ラーニング・オーガニゼーション(学習する組織)構築支援ツールとして開発されたのが、多言語対応・見放題の定額制ライブラリ型 eラーニング“BISCUE LS(ビスキュー・エルエス)”。いつでもどこでも学べる、スマホ・タブレット対応のクラウド・サービスです。

社員研修から、福利厚生の自己啓発支援、グローバル人材育成まで、既に多くの会社様でご利用いただいている実績あるサービスです。 多言語・約800コースをベースに、本当にお使い頂けるeラーニングを目指します。

  • 全社員研修、内定者・新人・中堅研修に
  • 福利厚生の自己啓発支援に
  • 意識変革・組織活性化のチームラーニングに
  • 国内外でのグローバル人材育成に

お問合せはこちら

eラーニングのお問い合わせは こちらから

もしくはお電話でも承ります
03-3208-4276(株式会社シュビキ) 営業時間:月曜日~金曜日
9:00-17:00

《連載》eラーニングと学習する組織

徐々に向上心が失われていく

 この年代の特徴は、仕事がこなせるし、体力もあるということ。ただし、仕事への慣れはそのまま、仕事を流すということにも繋がりかねない。子育てが始まり、家計への負担が増え、また家で問題でも起きると、仕事へのパワーはそがれ、初めは仕事に意欲的だった人も、徐々に向上心が失われてしまう。

 一方で、会社としては使いやすい人材であり、成果を期待する上司からは、
「ノルマ、ノルマ・・・」
「今月の売上目標○○円!」
「目標未達成の要因は何だ・・・」
と急き立てられる。

これが嵩じれば、だんだん惰性で会社に通い、そのまま夜遅くまで働き、家にまで仕事を持ち込んで、ストレスを溜めることになる。たまに職場を離れた研修を組んでくれればラッキー、ちょうど良い息抜きだ。人事部門では自己啓発の教材を用意し、インセンティブもあるが、そこまで頑張ってもどうか、と考えてしまう。どうせ先のことはわからない、それよりは今を楽しく、というのが現実だろう。

(出典)日本企業はどこにいる-次世代型ラーニング・オーガニゼーション構築を目指して- 首尾木 義人 著

eラーニング・今週のキーワード

Mobile Learning

携帯電話をはじめとするモバイル機器を利用して行う学習システム。携帯の場合、画面の制約はあるものの、いつでも、どこでも、手軽に学習ができるといった特長がある。

eラーニング用語集


最終更新日 2014年11月18日 |
閲覧履歴