研修にeラーニングが増えています

研修」という言葉が、集合研修の意味で使われることもあるほど、企業研修といえば集合研修、というのが従来の姿でした。特に、新人研修では専ら集合研修で、研修所に泊りがけで行うことも珍しくありません。

ところが近年、この研修スタイルが変化しています。集合研修が、講義型研修から体験型研修などに変わりつつあるのに加え、集合研修そのものが見直されているようです。

代わって増えているのが、eラーニング。
集合研修をeラーニングに切り替えた企業では、どのようなメリットを感じているのでしょうか。

eラーニングは、個人重視の研修

研修がツマラナイと言われてしまう理由として、“そんなことは分かってる!”、“自分の担当業務には関係ない”といったケースが出てしまうことがあります。能力や経験、担当業務などが異なる人に、同じ研修を受けさせれば、当然の結果ですね。
研修は、その人に必要な教育を、適切なタイミングで行うのが重要。
これは、集合研修では難しいのですが、eラーニングであれば、きめ細かく研修の割り当てができ、簡単に実現できます。

隙間時間でできるeラーニング

集合研修では、講師の手配をして、研修室を予約し、研修参加者に事前連絡してスケジュールを確保し、ようやく教育が行えます。その間、研修参加者は職場を離れなくてはならず、移動時間なども考えると、結構な負担になりますね。

一方eラーニングによる研修は、各人が隙間時間に学習できます。仕事のキリが良いときや、営業の移動時間、場合によっては、昼休みや通勤時間なども利用して、少しずつ研修を進められます。
“研修です”と言って出て来るのは、上司や同僚に対して肩身が狭い、という悩みも、eラーニング研修であれば不要です。

eラーニングの教育効果

実はこの“隙間学習”、業務を邪魔しないだけでなく、研修効果を上げるというメリットもあります。集合研修で1時間講師の話を聞いても、記憶に残るのは…というのが残念な現実ですが、日々少しずつ刷り込む学習は、しっかり身に付くということが明らかになってきています。
集合研修で心機一転しても、職場に戻ったら元の木阿弥、という声は珍しくありません。eラーニングのメリットには、このような継続による効果もあるわけです。

eラーニング研修は全社均一

集合研修にはもう一つ、均一な内容にするのが難しいという問題があります。
同じテーマや教材を使っても、講師によって教育効果には大きな差が出ます。また、優秀な講師を見つけても、全国の拠点に講師を派遣するわけにはいきませんし、研修受講者を日本中から本社の研修所に集めるのも、効率が悪いですね。グローバルにビジネスを行っている企業では、全社均一というのは、もう、到底無理。

eラーニングで研修を行う企業では、この問題も解決できます。実際、グローバル人事体制を確立するために、研修体系を見直してeラーニングを本格導入した、という例も珍しくありません。
また、部分的には、地域や研修受講者に合わせたアレンジが必要、というケースであっても、eラーニングコースをカスタマイズし、複数パターンを用意することでクリアできます。

eラーニングについてもっと知りたい!という方へ

研修体系を見直し、eラーニングを取り入れてみようか…と思われた方、下記からお気軽にお問合せください。
御社の人材育成に合わせた最適なeラーニングをご提案させていただきます。